学生クレジットカードの作る際の3つのポイント

学生の場合一般的なクレジットカードの申し込みは出来ない場合が多いため、基本的には学生専用クレジットカードへの申し込みとなります。

学生と言えど年齢制限に注意!高校生は不可

この学生専用クレジットカードは学生を対象としたクレジットカードとなっているため、一般的なクレジットカードのように20歳以上でないと申し込みできないと言うことは無く、多くの場合18歳以上が対象となっています。その為大学生でも問題なく年齢制限をクリアできますので非常に申し込みやすいクレジットカードとなっています。学生専用クレジットカードの申し込み条件に関しては、

 

 

  • 年齢が18歳以上で高校生を除く学生であること
  • 学校に通っていると言う証明が出来ること
  • 卒業がいつになるかが分かること、そして未成年の場合は親権者の同意が取れること

が申し込みに必要な申し込み条件となります。

20歳以下は親の同意書が必要

学生であることは学生専用クレジットカードですので言うまでもありませんが、卒業がいつになるか分かることに関しては、学生が終われば学生専用クレジットカードから一般のカードに切り替えが必要なためです。親権者の同意に関しては、未成年の場合親権者の住所や氏名、そして同意が無ければ申し込みが出来ないことがほとんどですので、

 

 

20歳以下の学生の場合は必ず親権者の同意を取る必要があります。


収入がなくても申込めるところがカードローンとは違う

それと基本的に学生の場合は収入がありませんので、

 

 

アルバイトをしていなくても申し込みは可能になっています。


審査に関しては収入に関する審査はほぼ無いといっても良いでしょう。重要視されるのは本当に学校に通っているのかという情報ですので、もし学校名などに虚偽の記載があれば審査は通りませんので、正しい在籍情報を詳しく記載することが審査を通過しやすくするポイントとなります。

 

それともしアルバイトなどで収入があればそれを記入しておくことで審査に良い影響を与えますから、収入があるのであれば一応記載しておくほうが良いでしょう。それと予備校生や研究生といった場合には学生としては認められませんので、あくまでも大学や認可されている専門学校へ通っている場合が対象となることも注意点となります。

学生が申し込めるクレジットカードと審査

学生でもクレジットカードを持つことは可能なのですが、やはり支払い能力などの観点から持つことができるカードには制限があります。その中でも自分にあったカードを選ぶ事が重要になってきますから、しっかりと比較をして申し込みをしましょう。学生向けのクレジットカードをいくつか紹介します。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは18〜25歳まで限定のカードとなります。若い人を対象としたカードなので学生でも審査に通りやすいと言えます。年会費も安く初年度は無料となっています。

 

翌年からも前年にカード利用があれば年会費は無料となります。カードの発行自体も早く名前の通りクレジットカードデビューにはもってこいと言えます。この他、カード利用時に加算されていくポイントが通常のカードに比べて常時2倍という点もお得です。

 

年齢が限定されているクレジットカードなため26歳以降でカードの更新時にプライムゴールドカードへ自動で切り替えになります。ゴールドカード自体はメリットのように感じるかもしれませんが、当然ながら年会費がかかるようになります。これまで無料で利用できたカードに年会費がかかるようになることはデメリットとも取れます。

 

この他デビュープラスカードは海外旅行傷害保険が付帯していません。海外旅行で保険なしのカードを利用するのは危険ですから海外旅行の予定がある場合は他のカードを利用した方が良いでしょう。

学生専用ライフカード

その名の通り学生専用のクレジットカードになります。学生を応援してくれているカードですから審査時に学生であることは不利になりません。

 

また年会費は無料と選びやすいカードです。更に海外旅行保険が付帯していて最高で2000万円までカバーしてくれます。

 

海外旅行を考えているならこちらのカードをおすすめします。また卒業後は引き続きカードを利用できますが、海外旅行保険を含む一部特典が適用されなくなる点は注意しましょう。

 

カードをそのまま利用できるだけに忘れがちになります。ある意味ではデメリットの1つと言えるでしょうか?

VIASO(ビアソ)カード

VIASO(ビアソ)カードは年会費無料のクレジットカードです。特に発行が早く最短翌営業日の発行という点が高評価されています。

 

また年会費は無料で審査も優しいですから学生でも利用しやすいカードです。海外旅行保険も付帯していますし、ショッピング保険もあります。

 

このように充実したサービスのカードなのですが、ポイント還元に若干難ありです。VIASOeショップというサービスでの購入で追加ポイントが付くという特徴はありますが、それ以外の利用だと0.5%とかなり低い還元率となっています。使用目的によってはポイントがなかなかたまらないという状況になりかねません。

親の同意が必要な学生の親が自己破産している場合

クレジットカードによるサービスは非常に便利なので、利用したいと考える方も多いのではないでしょうか。しかしクレジットカードを利用する為には、審査に通る必要があるので、心配になる方も多いようです。

 

審査が心配になる理由としては、アルバイトで生計を立てている方や、他に借金がある方や、以前の利用で返済が遅れてしまった場合などに多いようですが、親が自己破産してしまった場合も、クレジットカードを作る事ができるのか不安になるのではないでしょうか。

 

実際に契約をする際は、利用者の様々な情報を調べて、利用できるのか決める事になりますが、親の自己破産が影響する事はあまり考えられません。

 

その理由としては、個人情報保護により、利用者以外の個人情報を調べる事が出来なくなった為です。なので、親が自己破産をした場合でも、クレジットカードに申し込んで、利用できるようになる事は難しい事ではありません。

 

また審査で落ちてしまった場合は、それ以外の理由が考えられるのではないでしょうか。審査に落ちる原因になるのは、安定した生活が出来ていない場合や、過去に借金などによる返済の遅れなどのトラブルがあった場合、仕事に就ていない場合などが主な理由になっています。

 

またカード会社によっては、審査が厳しい場合と、甘い場合もあるので、カード会社毎に様々な基準があると思って良いでしょう。普通に仕事し、生活が出来ている場合は、ほとんどの場合、審査に通る事が出来るので、まずは不安にならずに申し込んでみると良いでしょう。