おせち料理特集

おせちの中身の基本と意味

投稿日:

おせち料理には本来の中身は決まっていてそれぞれに意味があります。ここでは、その基本の中身と意味をご紹介しましょう。

おせち料理の品々の意味

まずは祝い肴(口取り)と云われる料理ですがそのひとつが黒豆です。黒豆の黒は邪気を払うとされ、長寿と健康を願った料理とされています。

次い数の子ですが、ニシンの魚卵として有名ですが卵の数の多さとニシンは「二親」と表され、五穀豊穣と子孫繁栄を願った料理とされています。

次によく耳にする田作りですが、鰯の幼魚の佃煮で五穀豊穣を願った料理です。

続いて、たたきごぼうは瑞鳥を表すもので豊作と息災を願ったものとされ、また黒豆同様邪気を払う意味も持ち合わせています。

そして、お馴染みの紅白かまぼこは赤色が魔除け、白色は清浄を意味していて紅白は縁起が良いともいいますよね。

続いて、これまたお馴染みの伊達巻は巻物(書物)に似た形から学問や教養を持つ事を願う縁起物の意味があります。子供から大人まで好きな栗金団にも意味があり、金銀財宝を意味していて金運を願ったおせち料理です。

そして最後にお多福豆は読んで字の如しで福の恩恵を多く受ける事を願ったものです。次に酢の物ですがよくあるのが紅白なますですが、これはお祝いの水引をかたどったものです。

そして、ちょろぎと呼ばれる酢の物は長寿を願うものとして黒豆と共に盛り付けられる事が多いようです。最後に酢蓮は穴が多数ある蓮根から将来が見通せるという意味の縁起かつぎと云われています。

おせち料理の煮物の品々の意味

そして御節には欠かせない煮物にもそれぞれ意味があります。昆布巻きは伊達巻同様、書物に似た形から学問を象徴する意味を持ちます。

陣笠椎茸・盾豆腐・手綱こんにゃくはそれぞれ武家社会の名残からきています。芽代出しくわいは一年を快く過ごせるよう願ったもの。花蓮根も将来の見通しとその他花の後には実を結ぶようにという意味もあります。

また、矢羽根蓮根は破魔矢の矢羽根に見立てたもので、八ッ頭(里芋)は子宝を願ったものです。

そして金柑は財宝を意味する金冠です。というように料理ひとつひとつに意味のあるおせちは正月に相応しい料理ともいえるのではないでしょうか。最後に一番理解し易い焼き肴を紹介します。

出世魚でもある鰤の焼き物は出世を祈願したもので、鯛の焼き物はみなさんご存知の「めでたい」の語呂合わせです。

そして、鰻の焼き物はうなぎ登りという言葉がある通り、鰤同様出世を祈願したものです。そして、彩りでは一番目を惹く海老は脱皮を繰り返し生命の更新をする事から長寿を祈願したものとされています。

-おせち料理特集

Copyright© おせち料理通販の2019年の人気ランキング※早割りで失敗しない予約方法 , 2018 All Rights Reserved.